はじめまして さくら会の瀬戸宗一郎です。

 

 フォレスト真野は私どもさくら会が初めて手がける高齢者住宅です。

私は自分の親を安心してあずけられる高齢者住宅を作りたいと考えてこの住宅を立ち上げました。

私にとって最も身近な高齢者が両親ですので、両親が入居する場合に一体何を望むか? 何が必要で何が不要か?そんなことを考えながら企画、設計打ち合わせを続けてきました。その結果

  • 樹木や草花に触れて風を感じられるガーデン 
  • 湯船から空の見える浴室 
  • ゆったりとしたリビング空間でお茶を楽しんだり歓談するスペース 
  • 玄関で人や車を待つ間に腰掛けるソファ
  • 落ち着いた色調の建物で室内の仕上げも一般家庭的なものを。
  • 定員人数も少なめで落ち着いた環境を

など自分の両親の目線で考えて自宅で実現できていることはなるだけ準備したつもりです。

それとは逆にプールや麻雀室などもとから自宅にないようなものは用意しておりません。

 

フォレスト真野は高級な高齢者住宅ではありませんが上質な暮らしを提供する施設でありたいと考えています。

そして何十年か経ったあとに私もフォレスト真野に入居したいと思えるような住宅に育てていきたいと考えています。      

 

                           2014年11月16日